DESTORY - デストロイ - エキサイト
Exciteホーム Destroy.excite トップ サイトマップ


トップ   
1979年2月2日シド・ビシャスがこの世を去って26年。
なぜ彼は今だにパンクのアイコンとして世の中に語り継がれているのだろうか?
彼は本当にナンシー殺しの犯人なのだろうか?
シドについてあなたが思うことを以下のシドのコーナーにコメント or トラックバッ クください。




SID VICIOUS / シド・ヴィシャス < BASS >
b0033689_1440439.gif1957年5月10日生まれ
本名ジョン・サイモン・リッチー。スージー&ザ・バンシーズのドラムをしていた時期もあったが、グレンの脱退によりピストルズに加入。ジョニーとは古い友人だった。パンクのカリスマ的存在として今も君臨する。しかし、ベースはろくに弾けなかった。
1977年ヘロイン過剰摂取で自殺。享年21歳



Sid was really a gentle guy. But on the other hand, he was weak in many ways.
He came from a broken, poor family and was raised without much love. Most of the members came from a poor background and that's why they had a strong message and captured the hearts of the people.
But Sid's mother had drug problems and he was born with these problems. And as everybody knows, Nancy had a strong influence over him. But he really loved her and hung on to her for love.
Sid and John were close friends until Nancy came along... Sid loved Chinese food and Johnny hated it. (Well, I'll talk more about these things in my talk show.)
He was not such great bass player. But he looked so good standing with his bass, I could not help pressing the shutter button. Sid with the bass was essential to the band.
If he was alive today, he would have been a big star...


シドの素顔は、とても優しく穏やかなヤツなんだ。でも一方ではすごく性格が弱かった。
彼は崩壊した貧困家庭に生まれ、愛情に飢えて育った。バンドのメンバーも同じ。
みな社会の底辺の出身だったからこそ、力強いメッセージで人々の心をつかんだんだ。彼の母親は薬の問題等を抱えており、彼もその影響を少なからず受けていたんだ・・・。

また、みんなのよく知っての通り、ナンシーに出会ってからは…。彼は彼女を本当に愛していたんだよ。

あとシドとジョニーはとても仲良かったんだ、ナンシーが来るまではね。シドは中華料理が大好きで、ジョンは嫌いだったんだ(まあ、この辺、詳しくは写真展で予定されているトークショーで聞いて欲しい)。

ベースはそんなに上手ではなかったよ。でもベースを持って立っているだけで本当に絵になって、シャッターを押さずにはいられなかった。バンドには欠かせない存在だったんだ。もし彼が生きていたら、間違いなくビックスターだったと心から思うよ・・・


(Commented by Dennis Morris)
[PR]
# by sexpistols2004 | 2005-01-31 11:29


JOHNNY ROTTEN / ジョニー・ロットン < VOCAL >
b0033689_11311828.jpg1956年1月31日生まれ
本名ジョン・ライドン。独特のヴォーカルとルックスでパンクのカリスマ的存在になる。ロットンという名は、スティーヴが「お前はいつも腐ってる(ロットン)ぜ」と言っていたからだとか、ライドンが歯を磨かないからだとかいろいろな説がある。解散後、P.I.Lを結成。最近では、TVショー等に出演しお得意の過激な言動で周囲を驚かせている。



"This is nostalgia, it's HISTORY! There's nothing wrong with looking back if you do it with an honest eye" (Johnny Rotten)

これはノスタルジア(郷愁)だ、歴史なんだ!振り返って見ることは、決して悪いことではない、正直な目で見つめればね。(ジョニー・ロットン)


John and I would often smoke and talk about many things. We both loved Reggae. We had a common background growing up in neighbouring districts in London.
John is very clever. During the Sex Pistols, he was very ambitious; determined to grab for every chance of success.
I think John is one of the most talented musicians UK has ever produced. He is very creative and also has a remarkable sense of humour. Being ahead of the times, he is often misunderstood. Sometimes I think he doesn’t understand himself either.
Today, he is based in LA. But I think it’s time he returns to London; to his creative activities.

二人でよくタバコを吸いながら色んな話をしたものだ。共にレゲエを愛し、ロンドンの隣り合う地区で育ち、共通の背景を持っていた。
ジョンはとても頭がよかった。セックスピストルズ時代、大変な野心家で、あらゆる機会をとらえて成功のチャンスをつかもうとした。
ジョンは英国が輩出した最も才能のある人の一人だと思う。創造力豊かでユーモアのセンスが素晴らしい。しかし時代の先端を行っていて、よく誤解される。時々彼自身、自分のことをわかっていないのではないかと思う。
現在LAを拠点にしている。が、そろそろロンドンに戻り、本来の創作活動に戻ってほしいと思う。

(Commented by Dennis Morris)
[PR]
# by sexpistols2004 | 2004-11-14 00:35


Steve Jones / スティーブ・ジョーンズ < GUITAR>
b0033689_14355324.gif1955年5月3日生まれ
この人はギターを弾いてなかったら、ただの泥棒。バンド結成当初、ギターやアンプなどの機材を盗むのは彼の役目。現在は安岡力也のような貫禄あり。彼のギターはジョニーサンダースの影響を受けている。先日のラモーンズの追悼ライブでも大活躍!





A great guitarist who was denied the opportunity to show his true talent in the band. The sound of the Sex Pistols I would say, was Steve Jones' guitar as well as John's voice. The minute you hear the opening cords of "Pretty Vacant" or "God Save the Queen" you are immediately excited.
On the road, he always got the girls. And I can remember hearing screams of delight coming from his room.

バンドで真の才能を証明する機会を奪われた偉大なギタリスト。セックス・ピストル
ズのサウンドは、ジョンのヴォーカルとともにスティーブのギターから成っていたと
思う。"Pretty Vacant"や"God Save the Queen"の冒頭のコードを聴いた瞬間、心が湧き立つんだ。ツアー中はいつも女の子に取り囲まれていたよ。よくあいつの部屋から喜びの悲鳴が聞こえてきたもんだ。


(Commented by Dennis Morris)
[PR]
# by sexpistols2004 | 2004-11-12 16:04


Paul Cook / ポール・クック < DRUM>
b0033689_1910111.gif1956年7月20日生まれ
バンド結成後も、しばらくは電気工の助手を続けていたというけっこう真面目な人。ドラムのテクニックはなかなかのもの。スティーヴと仲が良い。






"430 Kings Rd! We used to shop in Malcolm's shop before we even had the idea of forming a band really. The clothes were a part of it as far as we were concerned ...even before the music you know" (Paul Cook)

430キングス・ロード!本当にバンドを結成しようと思い浮かべさえもしないうちから、マルコムのショップでみんなで買い物をしたもんだ。俺らに関する限り、服はあれの一部だった、音楽よりもね(ポール・クック)


Paul Cook, the anchorman of the band, again really talented drummer. He is the shyest and the quietest of the band. The sound of the Sex Pistols was held together by Paul's drumming. You need a great drummer because Sid was not the greatest bass player. So the sound was held together and crafted by Paul's drums, Steve's guitar, John's vocals and ultimately Sid's visuals with John.

ポール・クックはバンドのアンカーマンで、彼もまた才能溢れたあるドラマーだった。メンバーの中で、一番シャイで静かなヤツだった。ピストルズのサウンドは彼のドラミングでまとめられた。シドがそんなにすごく上手なベースプレーヤーでなかっただけに、すごいドラマーが必要だったんだ。だからサウンドはポールのドラム、スティーブのギター、ジョンのヴォーカル、そして最終的にシドとジョンの視覚的効果―そのカッコよさ―でまとめられ、作られたんだ。


(Commented by Dennis Morris)
[PR]
# by sexpistols2004 | 2004-11-08 18:37


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
DESTROY ×EXCITE
免責事項 ヘルプ エキサイトをスタートページに BB.excite Woman.excite エキサイトホーム